1. しぜん
  2. 野外の危険な生き物について

野外の危険な生き物について

生き物が危険なのは、自分自身を敵から守るため

 自然が豊かである場所にはその分多くの種類の生き物が住み、中には毒をもつ生き物もいます。本来その毒は生き物自身を敵から守るためのものです。人の血を吸う蚊やアブなどの仲間をのぞけば、人間が捕まえようとしたり近づいたりしたりすることがないかぎり、生き物の方から近づいてきておそわれることはありません。ただし、観察している時に偶然それらの生き物に近づいてしまうことがないとはかぎりません。その場合はあわてずに、ゆっくりとその場からはなれるようにしてください。

知らない生き物を直接さわらないこと

 ハチは危険な生き物の代表格です。黄色と黒色しま模様は「危険だから近づかないで」というハチからの警告です。工事中で立入禁止の場所など、人間の社会でも黄色と黒色しま模様は危険をあらわしています。このように危険を知らせる模様を「警告色」というのですが、残念ながら危険な生き物すべてが警告色をしていて見分けられるわけではありません。その生き物が危険かどうかは、種類を知っている必要がありますが、生き物の種類は多いので、そのすべてをおぼえるというのもたいへんです。そのため知らない生き物を見つけた場合は、直接手でさわらないようにしましょう。生き物自身もさわられることをいやがりますし、さわられると弱ってしまいます。

ハチについて

1.ハチや巣には近づかないこと

 ハチはとても種類が多いのですが、特に危険なのはアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチで、注意が必要です。ハチの毒針で刺されると強い痛みを感じ、大きくはれ、最悪の場合ショック症状を起こします。ただしハチも自分たちを守るために毒針を身につけたのであって、人を見つけてむやみやたらと刺すためではありません。ハチ自身が危険を感じた時、たとえば気づかずに人がハチの巣に近づいてしまった場合などに攻撃してきます。もしハチの巣を見つけたら決して近づかないようにしてください。アシナガバチやスズメバチは、低木で枝がこみあっていて葉しげった場所(植え込みなど)に巣を作ることがあり、見えにくいので気がつかずに近づいてしまうことがあります。ハチの巣に近づいた場合、働きバチが人の周囲を飛びまわり警告をはじめます。万が一ハチの巣に近づいてしまった場合、あわてずに身を低くして、ゆっくりと巣から遠ざかるようにしてください。


木の枝に作られたキイロスズメバチの巣


作りはじめのアシナガバチ巣(上)とやぶの中に作られた見つけにくい巣(下)

2.ハチはあまいにおいが大好き

 ハチはあまいにおいのするものを好みます。あまいジュースなどはハチがよってくる原因にもなります。ヘアスプレーや化粧品のにおいなども同様です。汗のにおいによってくることもあります。もしハチが近よってきたら手でふりはらったりしてはいけません。あやまってハチに当たったりすると逆に刺されます。身を低くしてハチが通りすぎるのを待つか、そっとゆっくりハチからはなれるようにしてください。おどろいて急に動くとハチを刺激するばかりか別の事故につながります。

3.ハチは黒いものを攻撃する習性がある

 ハチが攻撃する場合、黒いものを集中的に攻撃する習性があります。野外に出かける時には黒っぽい服装はさけるようにしましょう。

4.むやみにハチを殺さない

 危険だからといってハチをあみで捕らえ、ふみつぶして殺した場合、体内の毒液が飛び散ります。これには警報フェロモン(においのようなもの)がふくまれていて、巣が近くにある場合、仲間に危険を知らせ呼びよせる効果があります。かえって危険なので、むやみにハチを殺してはいけません。

5.樹液にスズメバチがいたら近づかない

 雑木林のクヌギやコナラの木は樹液を出し、カブトムシなどが集まります。スズメバチもこの樹液が大好きでよく集まります。オオスズメバチはえさ場でもなわばり意識が強く攻撃的なので、樹液にハチがいた場合は絶対に近づかないようにしてください。


樹液に来たオオスズメバチ

もしもハチに刺されたら

  1. ミツバチに刺されると毒針が残るので刺抜きなどで取り除きます。アシナガバチやスズメバチの場合毒針は残りません。
  2. ポイズンリムーバーがあれば刺された所からなるべく毒を吸い出します。
  3. ハチの毒は水に溶けます。そのため刺された所を流水によくさらし、なるべく毒を流します。
  4. 虫刺されの薬(抗ヒスタミン剤)を塗ります。
  5. なるべく早く病院で診察を受けてください。
  6. ハチの毒は初めて刺された時よりも、2回目以降に刺された時の方が危険です。めまいや吐き気、じんましんなど、アナフィラキシーショックとよばれるショック症状を起こす場合があります。大変危険なのですぐに病院に向かうようにしてください。

その他の危険な生き物について

ニホンマムシ

 危険な生き物の代表格で小型のヘビです。やぶの中を好み、外周道路沿いの石や切り株の上でひなたぼっこをしていることがあります。基本的に近づかなければ攻撃してくることはありません。万が一咬まれた場合はすぐに病院に行き治療をする必要があります。

ヤマカガシ

体調1mほどのカラフルなヘビで水辺に多く、カエルやオタマジャクシを食べます。毒のあるヒキガエルを食べることでその毒を利用します。性格はおとなしく攻撃してくることはまずありませんが、毒はマムシ以上に強いです。

ムカデ

落ち葉のたまった場所や石の下、倒れた枯れ木の下などにいて他の生き物(昆虫など)を捕らえて食べます。キャンプなどの時、脱いだ靴の中にムカデが入り込み、気づかずにはくと激痛がはしります。咬まれた場所は大きく腫れ、発熱することもあります。ムカデの毒はハチに似ていて、咬まれた場合の対処方法はハチの場合と同様です。

ドクガ・イラガの仲間

いわゆる毛虫といわれる蛾の幼虫の仲間の多くは毒を持っていませんが、ドクガやイラガの仲間などは毒を持っています。ドクガは毒針毛という毒のある毛を持ち、まゆや成虫になってもその毛を体に付着させています。“デンキムシ”とも呼ばれるイラガの幼虫に刺されると強い痛みがともないます。刺されてしまった場合はセロハンテープなどを使ったり水洗いして毒針毛を取り除き、虫刺されの薬を塗ります。


ドクガの幼虫


イラガの仲間の幼虫

アオカミキリモドキ・アオバアリガタハネカクシ

アオカミキリモドキの仲間は体内にカンタリジンという毒成分を持ち、あやまって潰してしまい体液に触れるとヤケドのような状態になります。初夏に観察会を行うと必ずといってよいほど見つかります。アオバアリガタハネカクシの仲も体内にペデリンという毒成分を持ち、同じようにヤケドのような炎症を起こします。夜、街灯などの明かりに飛んでくる習性があります。


アオカミキリモドキ

カエルの仲間

ヒキガエルは皮膚から毒を出すので有名です。おとなしいカエルでよほどのことがない限り毒を分泌することはありませんが、非常に強力なので直接触ってはいけません。アマガエルなどの他のカエルや両生類なども皮膚に抗菌成分を分泌していて、直接触った手で目をこすると炎症を起こすことがあります。


アマガエル


ヒキガエル

こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる