1. しぜん
  2. 秋の自然&イベント
  3. ドングリの種類と一年

ドングリの種類しゅるい一年いちねん

をひろうとき注意ちゅうい

もりものたちの大切たいせつものでもあります。

つけたはすべてひろわずに、

  • ひとつひろったら、
  • つぎのひとつは、もりき物たちのために、
  • つぎのひとつは、あたらしいになるために、
  • つぎのひとつは、ひろいをたのしみにしているべつのこどものために、

のこしておきましょう。

こどものくにのドングリ基本きほんしゅ

マテバシイ(ブナマテバシイぞく

 マテバシイは日本固有にほんこゆう植物しょくぶつで、本来ほんらい九州南部きゅうしゅうなんぶなどのあたたかい地方ちほうですが、街中まちなか公園こうえん街路樹がいろじゅによく利用りようされます。正面入口広場しょうめんいりぐちひろばの「レストランさんかくぼうし」のうら斜面しゃめんにまとまってあるほか、ローラーすべりだいわきにもちいさめのがあります。9月中旬がつちゅうじゅん〜10がつにたくさんのドングリをみのらせます。

 マテバシイのドングリはじゅくすまで2ねんかかり、からかたくしっかりしたおおきめのドングリをおととします。殻斗かくと(※)はさかなのうろこじょう模様もようをしています。あつめでツヤがありふゆでもらず一年中いちねんじゅうみどりです。中身なかみしぶみがなくなまでもべられますが、フライパンでると、クリみたいなあじがして意外いがいとおいしいです。中身なかみをくだいてドングリクッキーなどにも利用りようできます。

殻斗かくと:ドングリについていて「ぼうし」「はかま」などとばれることもあるお椀状わんじょうのもの。

コナラ(ブナコナラぞく

 コナラは雑木林ぞうきばやし代表的だいひょうてき樹木じゅもくのひとつです。ふゆにはとす落葉広葉樹らくようこうようじゅで、外周道路がいしゅうどうろ沿いでられます。雑木林ぞうきばやしはもともとあった自然しぜんそのままのもりではなく、むかしひと生活せいかつ必要ひつようやすためのまきるためにれたもりです。いまでは電気でんきやガスがあるのでってまきにすることはなくなりましたが、その名残なごり現在げんざいのこどものくに雑木林ぞうきばやしです。

 コナラのドングリは細長ほそながく、ドングリとわれたら大体だいたいひとおもかべる代表的だいひょうてきなドングリのかたちをしています。横幅よこはばひろふちがギザギザしています。木肌きはだたてみぞがあります。殻斗かくとさかなのうろこじょう模様もようをしています。たくさんみのとし全然ぜんぜんみのらないとしがあり、そのおおきいです。9月下旬がつげじゅん〜10がつにドングリを落とします。

クヌギ(ブナコナラぞく

 クヌギはコナラとおなじく雑木林ぞうきばやし代表的だいひょうてき樹木じゅもくのひとつです。ふゆにはとす落葉広葉樹らくようこうようじゅで、外周道路がいしゅうどうろ沿いでられます。

 クヌギのドングリはおおきくまるく、殻斗かくとはもじゃもじゃで、こどもにとく人気にんきです。2ねんかけておおきくそだちます。細長ほそながふちにはギザギザがあります。木肌きはだたてみぞがあってコナラとていますが、コナラの木肌きはだよりもくろっぽくおおみぞはいります。9月下旬がつげじゅん〜10がつにドングリをとします。

 おな種類しゅるいのドングリでも、ものによっておおきさがまちまちです。

 コナラとクヌギはとてもていますが、れると木肌きはだ見分みわけられるようになり、おぼえておくと便利べんりです。なつあいだカブトムシがあつまる樹液じゅえきはこのコナラやクヌギです。ただし樹液じゅえきには日中にっちゅうはスズメバチがいるので、つけてもちかづかないようにしましょう。

シラカシ(ブナコナラぞく

 こどものくに神奈川県かながわけん横浜市よこはまし)のある場所ばしょ照葉樹林帯しょうようじゅりんたいふくまれ、ひとはいらない本来ほんらい自然しぜんのままならば一年中いちねんじゅうとさない木々きぎ中心ちゅうしんもりになるのですが、そのもり代表的だいひょうてきのひとつがシラカシです。公園こうえん街路樹がいろじゅとしてもよく利用りようされ、現在げんざいこどものくにられるものはほとんどがあとからえられたものです。外周道路がいしゅうどうろやローラーすべりだい周辺しゅうへんにあります。

 シラカシのドングリはちょっとたところコナラのドングリにていますが、殻斗かくと縞模様しまもようでコナラと全然ぜんぜんちがうので区別くべつがつきます。はややあつめでしっかりしています。ドングリがじゅくすのはおそめで10月中旬がつちゅうじゅん〜11がつです。

ドングリマップ

 ドングリマップ(PDFばん)のプリントはビジターセンターでも配布はいふしています(無料むりょう)。園内えんないでドングリさがしをたのしむさいにご利用りようください。

ドングリ(コナラ)の一年いちねん

 雑木林ぞうきばやし中心的ちゅうしんてきであるコナラやクヌギはふゆあいだとします。さむふゆわり、はる満開まんかいさくらはじめるころ、雑木林ぞうきばやし木々きぎあたらしいしはじめます。

 すと同時どうじにコナラのかせます。はな雄花おばな写真左しゃしんひだり)と雌花めばな写真右しゃしんみぎ)があります。雄花おばな花粉かふんかぜせてばします。このようなはな風媒花ふうばいかといいます。すぎなどがかぜせて花粉かふんばすことによって花粉症かふんしょう原因げんいんになりますが、体質たいしつによってはコナラの花粉かふん花粉症かふんしょう原因げんいんになります。

 なつ、だんだん成長せいちょうしてドングリっぽくなってきました。

 8月後半がつこうはん外周道路がいしゅうどうろあるいていると、まだみどりのドングリがっぱごと地面じめんにたくさんちています。せっかく成長せいちょうしていたのに一体いったいどうしたのでしょう?

 ちているものをよくてみると、えだくちがハサミでったようにまっすぐです(写真左しゃしんひだり)。ドングリの殻斗かくと部分ぶぶんには、なにかをしたようなあとがのこっています(写真右しゃしんみぎ)。 ドングリをとしているのはハイイロチョッキリという1センチにみたたないちいさな昆虫こんちゅう(ゾウムシの仲間なかま)です。

 ハイイロチョッキリはながくちさきをドングリにて、からだ左右さゆうゆすすりながらあなけていきます(写真左しゃしんひだり)。ながくちがすっかりえなくなるまであなけると、自分じぶんのおしりあなうえってきて産卵さんらんします。もう一度いちどくちあなれてふさぎ、今度こんどえだくちさきて、左右さゆうからだすりながらとします。

 ハイイロチョッキリをつけるのはちょっと大変たいへんです。ひとつの方法ほうほうとして、ビーティングという採集方法さいしゅうほうほうがあります。1、2メートルのぼうかさ用意よういします。ハイイロチョッキリがいそうなえだしたに、ひらいたかささかさまにして設置せっちします。ぼうえだたたきます。おどろいたハイイロチョッキリが得意とくいの「んだふり」でコロンとかさなかころがりちます。あとはかさをのぞきこんでハイイロチョッキリをさがすだけです。ちなみにぼうたたときちてくるのはハイイロチョッキリだけとはかぎりません。イモムシやクモやその昆虫こんちゅう一緒いっしょちてきますので、この方法ほうほうためさいには十分じゅうぶん準備じゅんび心構こころがまえをしてください。ハチのなどにも注意ちゅういです。

 ハイイロチョッキリのオス(写真右しゃしんみぎ)はむね両脇りょうわきにトゲじょう突起とっきがありますが、メスにはく、見分みわけがつきます。

 ドングリのなかけられたたまご写真左しゃしんひだり)は、孵化ふかして幼虫ようちゅうになりトングリの中身なかみべながら成長せいちょうします(写真右しゃしんみぎ)。成長せいちょうした幼虫ようちゅうはドングリからつちなかもぐり、さなぎになります。

 あきじゅくしたドングリが地面じめんにたくさんちています。コナラやクヌギは豊作ほうさくとし不作ふさくとしおおきく、全然ぜんぜんドングリがみのらないとしもあります。

 コナラのドングリは乾燥かんそうよわいので、ちたあとすぐに地面じめんばしそのままふゆごします。ふゆごすあいだ外側そとがわかられてとれてしまうものもあります。ドングリの中身なかみ子葉しよう双葉ふたば)でここにたくさん栄養えいようたくわえられています。あかくなる子葉しようもあり、園内えんない散策さんさくしているとにつきます。つよ日差ひざしからまもるためにあかくなるというせつがありますが、本当ほんとうのところはよくわかりません。

 はるさくらころびて本葉ほんばひろがりはじめます。

 新緑しんりょくがまぶしい季節きせつになると、雑木林ぞうきばやし地面じめんにはたくさんのコナラの実生みしょう(ドングリからしたもの)がられます。ですがほとんどの実生みしょうおおきく成長せいちょうしてドングリをみのらせることなく一生いっしょうえてしまいます。

こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる