1. しぜん
  2. しぜんのたより
  3. 10月
  4. わたがしの木

しぜんのたより

10月わたがしの木(2009年9月27日掲載)

こどもの国(くに)には「わたがしの木(き)」があります。この木に近(ちか)よると、わたがしのようなあまく、とてもよいかおりがします。なので正確(せいかく)には「わたがしのようなかおりのする木」としたほうがよいかもしれません。

名前(なまえ)はカツラといい、「香(か)づる」という言葉(ことば)が転(てん)じてカツラという名前になったといわれています。

園内(えんない)を歩(ある)いていると、ふとあまいにおいがすることがあります。そのときはまわりを見(み)まわしてカツラの木を探(さが)してみましょう。まるい葉(は)っぱと縦(たて)に割(わ)れ目(め)がある木肌(きはだ)が特徴(とくちょう)なので、それさえおぼえておけばすぐに見つけることができます。

こどもの国では自由広場(じゆうひろば)や白鳥湖(はくちょうこ)周辺(しゅうへん)、はす池(いけ)や内周道路(ないしゅうどうろ)などにあります。新緑(しんりょく)の頃(ころ)や真夏(まなつ)にも、あまいにおいがかおることもありますが、葉を黄色(きいろ)く色(いろ)づかせて散(ち)らす10月(がつ)は、とくにかおるようにおもわれます。

(お)ち葉(ば)もあまいかおりがして、押(お)し葉にして乾燥(かんそう)したものを箱(はこ)にしまっておくと、あけたときにもよいかおりが漂(ただよ)ったりします。自然(しぜん)のやさしいかおりをたのしみながら、お気(き)に入(い)りの色(いろ)に色づいた落ち葉を探してみるのもとても楽しいでしょう。

目的で探す

目的でさがす

閉じる