1. しぜん
  2. しぜんのたより
  3. 5月
  4. ヒトツバタゴ

しぜんのたより

5月ヒトツバタゴ(2013年5月3日掲載)

左が咲き始めの頃、右が4月下旬~5月上旬頃

児童(じどう)センター周辺(しゅうへん)や椿(つばき)の森(もり)には、なんじゃもんじゃの木(き)という変(か)わった名前(なまえ)の木が植(う)えられています。モクセイ科(か)の落葉高木(らくようこうぼく)で、正式名称(せいしきめいしょう)はヒトツバタゴです。
(めずら)しい木で名前が分(わ)からなかったため「なんじゃもんじゃ」と呼(よ)ばれるようになったようですが、地方(ちほう)によってはヒトツバタゴ以外(いがい)の木の名前としても使(つか)われている例(れい)があります。
日本(にほん)では長崎県対馬(ながさきけんつしま)や岐阜(ぎふ)・愛知県(あいちけん)の木曽川周辺(きそがわしゅうへん)など限(かぎ)られた地域(ちいき)にしか自生(じせい)していない珍しい植物(しょくぶつ)ですが、これらの地域(ちいき)では天然記念物(てんねんきねんぶつ)として指定(してい)されているものが多(おお)くあります。
例年(れいねん)5月上旬(がつじょうじゅん)、プロペラのように細長(ほそなが)くて白(しろ)い花(はな)を咲(さ)かせます。葉(は)の上(うえ)に雪(ゆき)がつもったかのような美(うつく)しい姿(すがた)は多くの人(ひと)に愛(あい)され、庭木(にわき)や街路樹(がいろじゅ)として各地(かくち)で植えられるようになりました。

目的で探す

目的でさがす

閉じる