1. しぜん
  2. 春の自然&イベント
  3. 春をてんぷらで味わおう

はるをてんぷらであじわおう

はる息吹いぶきもう

 イベント「はるをてんぷらであじわおう」は毎年まいとしがつおこなっています。7種類しゅるい野草やそうをてんぷらにしてはる息吹いぶきからだれます。ご参加さんかにつきましてはイベントカレンダーで確認かくにんください。

大人おとなかた
 こどものくにでは原則げんそく植物しょくぶつ採集さいしゅう禁止きんしです。のこされている貴重きちょう自然しぜんに、いつまでもどもがせっすることができるよう、野草やそう採集さいしゅうしてかえることはかたくおことわりいたします。


野草摘み

 べられる野草やそう特徴とくちょうおしえてもらい、野草やそうみます。


野草を仕分け

採集さいしゅうした野草やそう種類しゅるいごとにけます。


てんぷらにする

 てんぷらにしてあじわいます。


野草のてんぷら

 てんぷらのころもはうすめにします。かるくしおをつけていただきます。



たべられる野草やそう

ヨモギ

よもぎ

 くさもちなどでおなじみの野草やそうです。とてもよいかおりがします。やわらかいをてんぷらにします。ヨモギのてんぷらは、どちらかというえば大人おとな人気にんきがあります。

ハルジオン

ハルジオン

 ピンクいろがかったはなきます。べるところははなまえのつぼみの部分ぶぶんで、おもたそうにつぼみをしたけているのをります。てんぷらにするとくさのにおいのなかにほんのりあまみがあります。

タンポポ

タンポポ

 こどものくに野原のはら一面いちめんにカントウタンポポがきます。外国がいこくからやってきたセイヨウタンポポもありますが、まちなかくらべて自然しぜんのこるこどもくにでは、日本産にほんさんのカントウタンポポのほうがはるかにたくさんいています。カントウタンポポとセイヨウタンポポのちがいは、つつんでいる緑色みどりいろ部分ぶぶん総包片そうほうへん)がかえっていればセイヨウタンポポで、かえっていなければカントウタンポポです。はな部分ぶぶんをてんぷらにしてべますが、あまみがあり、どもに大人気だいにんきです。

ドクダミ

ドクダミ

 十薬じゅうやくともいわれ、むかしからくすりとして使つかわれてきました。とてもつよ独特どくとくなにおいがあります。このにおいが平気へいきひと、ダメなひとがいますが、平気へいきひとにはドクダミのてんぷらはたまらなくおいしくかんじられるようです。をてんぷらにします。

フキ

フキ

 おみせられているものはとってもおおきいのですが、ノブキはもっと小柄こがらで、とくにこの時期じきのフキはそれほどおおきくありません。それでもてんぷらにするにはおおきいので、なるべくちいさなえらんであつめます。

クズ

クズ

 あき七草ななくさひとつで、とてもおおきくなるつる植物しょくぶつです。地面じめんからいっぱいがはえた新芽しんめします。この新芽しんめ部分ぶぶんで、てんぷらにします。>大人おとな人気にんきです。

イタドリ

イタドリ

 新芽しんめ部分ぶぶんんで、てんぷらにします。シュウさんという成分せいぶんふくまれ、なまのままくきをかじるとっぱく、スカンポともばれます。地方ちほうによってはむかししおをふってどものおやつがわりにかじっていたところもあるようです。くきかわをむいて塩漬しおづけしたものを塩抜しおぬききすると、酸味さんみがなくなり、いたものなどにするとシナチクのような歯触はざわりでとてもおいしくいただけます。


野草やそう採集さいしゅうするとき注意ちゅうい

  1. イベント以外いがいでは、こどものくにでは原則げんそく植物しょくぶつ採集さいしゅう禁止きんしです。
  2. 立入禁止たちいりきんし場所ばしょ野草やそうってはいけない場所ばしょではらないこと。
  3. たくさんあるものをること。めずらしいものをみつけるとうれしいけれど、すくない植物しょくぶつるとなくなってしまうかもしれません。
  4. 自分じぶんっているものだけをること。図鑑ずかんおぼえただけの知識ちしきでは危険きけんです。っているひと一緒いっしょるか、自分じぶんべたことのあるものだけをります。
  5. 自分じぶんべられるぶんだけること。大切たいせつ自然しぜんがいつまでもあるように、りすぎないように注意ちゅういしましょう。
  6. べごろのものだけること。ちいさすぎたり、おおきすぎたりしてべるのにむいていないものはらないでおきましょう。
  7. べるもの以外<いがい/rt>は、のこしておくこと。

こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる