1. ゆうぐ・ひろば

ゆうぐ・ひろば

110mローラーすべり台

全長110m、横浜で一番なが~いローラーすべり台は、こどもだけでなく、おとなも楽しめるようになっています。
他の遊具とともにフィールドゲームコースの一部にもなっていて、ミニアスレチック的な遊具としても楽しめます。

日本宝くじ協会

ドラム缶いかだ

白鳥湖にはドラム缶のいかだが3艘あり、1艘で小学生なら4人位まで一緒に乗れます。
利用時間は9時30分~15時30分。無料です。
数が少ないのでお互いに譲り合って使って下さい。くれぐれも落っこちないように。
(強風や雨天時の場合は中止になります。)

キュービックランド

2014年3月1日にオープン。
積み上げられた複数の立方体(キュービック)の中を、縦、横、上、下に進む立体迷路で、知力と体力をつかって楽しみながら遊ぶことができます。
他の公園では見ることがない外観と、野外遊具ではあまり例のない屋内遊具を複数取り組んだところも特徴です。
遊具の周辺はゴムチップ舗装をしているので、落下や転倒による事故を未然に防ぎます。

日本宝くじ協会

モーモードーム

2010年に3月にこども遊牧場にできた幼児・小学生用の新しい遊具です。東京ドームの屋根と同じ素材で出来ていて、空気を送ってふくらましています。ぴょんぴょんはずんであそべます。

大きなドーム(小学生用・7~12歳) 長さ18m、最大幅12m、高さ1.8m
ちいさなドーム(幼児用・3~6歳) 長さ12.5m、最大幅7m、高さ1.2m

混雑時には人数制限をし、順番であそんでもらうことがあります。
雨のときやドームがぬれているときは利用できません。

日本宝くじ協会

遊具広場

ローラーすべり台やジャングルジム、谷川渡りなど、楽しい遊具がいっぱいです。いつもこどもたちに大人気です。

日本宝くじ協会

なかよし広場

不思議な遊具がいっぱいです。迷路や、耳や鼻のある登って遊べる壁など、さまざまな遊具があります。

日本宝くじ協会

おとぎの広場

こどもの国開園40周年記念事業の一環として建設し、2006年3月4日にオープンしました。
鎌倉女子大のゼミの教授と学生たちのアイデアを生かし、日本宝くじ協会の助成で製作した「創造的で安全に配慮した遊具」です。

日本宝くじ協会

正面入口広場(らくがき広場)

改札をくぐって目の前には、なだらかな斜面になっている入口広場があります。
チョークが置いてあって、いつでも自由に地面に落書きすることが出来ます。
斜面を登りきると、目の前に広大な遊び場がひろがります。

中央広場

12,000平方メートルの広場。花壇は四季折々の花で彩られ、様々な模様を描き出します。
春のシダレザクラは見事の一言。様々なイベントが開催される場所です。

自由広場

30,000平方メートルの草地の広場です。
シートを広げてお弁当を食べたり、休憩したり。
ただ寝転んでいるだけでも気持ちの良いものです。

緑陰広場

せせらぎからサイクリングロードをくぐると、人気の少ない静かな広場に出ます。円形の野外ステージの先には草地が広がり、周りにはトチノキ、コブシ、ハナユズ、お茶、カイノキなどが植えられています。ディスクゴルフ場はす池つり橋もあります。

野外ステージのご利用案内予約

野外ステージは、各種催し物にご利用いただけます。

使用料

半日/5,000円
1日/10,000円

半日は10時~13時/13時~16時

予約受付

6ヵ月前から1週間前まで受付

予定日から1ヵ月以内のキャンセルは使用料の半額、当日キャンセルは全額のキャンセル料が発生します。

電源
30A

目的で探す

目的でさがす

閉じる