1. しぜん
  2. こどもの国でみられる野鳥

こどもの国でみられる野鳥

こどもの国には里山の面影を残す豊かな自然が残されていて、四季を通じて様々な野鳥が訪れます。
観察には木々の葉が落ちた冬がお勧めです。こどもの国で見つけた野鳥を画像とともに紹介します。
<今年の冬の状況> ※ 2017年1月27日更新
 今年は、自由広場、中央広場などでアトリをよく見かけ、ジョウビタキよりルリビタキの方が多い印象です。また梅林では瑠璃色のルリビタキ(梅林・外周道路)、梅の咲いているところではメジロが訪れています。ごく稀にトラツグミが地面でエサを探していることも。
 野鳥のかんさつは、白鳥湖周辺、梅林、緑陰広場、マラソンの団体利用がないときは外周道路などもおすすめです。
<今年はまだ確認していない野鳥>
 ウソ、イカル、ベニマシコ、ミヤマホオジロ、ビンズイ、マガモ、オシドリなど

<冬の野鳥>

<夏の野鳥>

目的で探す

目的でさがす

閉じる