1. しぜん
  2. 自然観察や虫捕りする時の注意

自然観察しぜんかんさつ虫捕むしとりするとき注意ちゅうい

 自然しぜんなか様々さまざまものにふれあうことはとてもたのしいことです。ものたちのいとなみは不思議ふしぎにみちあふれていて、わたしたちの好奇心こうきしん刺激しげきしてやみません。こどものくににはいろいろなものんでいます。なかにはハチやヘビなどせっかた間違まちがえると危険きけんものもいます。しっかり準備じゅんびをして、おもわぬ事故じこ怪我けがをしないようにしましょう。

服装ふくそうながそでながズボン、あるきやすいくつ帽子ぼうし基本きほん

 まずはしっかり予防よぼうをしましょう。ながそでながズボンでなるべくはださないようにします。はだしていると、やブユなどひとものされやすくなります。とく足元あしもとされやすいのではださないようにしましょう。また、はだしているとどくをもつ毛虫けむしなどにあやまってふれてしまいかぶれることがあります。あつなつはどうしてもうすになりがちですが、なるべくはださないようにし、さらにむしよけスプレーなどを利用りようしてしっかり対策たいさくをしましょう。帽子ぼうしもかならずかぶるようにしてください。

 ただし、くろっぽいふくはハチに攻撃こうげきされやすくなるので、さけるようにしてください。

あつ対策たいさく

 昆虫こんちゅうがたくさんられる初夏しょかからあきにかけてはあつさで熱中症ねっちゅうしょうになりやすい季節きせつです。熱中症ねっちゅうしょうにならないように帽子ぼうしはかならずかぶる」、「水筒すいとうなどでこまめに水分すいぶんる」、「日陰ひかげきゅうけいをしながら観察かんさつする」ことをこころがけましょう。

※ジュースなどあまいものは、においにひかれてハチがよってくる場合ばあいがあります。むしおおいところではあまいものをなどをもっていくのはやめましょう。

観察かんさつにもっていくとよいもの(観察用品かんさつようひんはのぞく)

 観察かんさつにもっていく荷物にもつはリュックに入れ、両手りょうて使つかえるようにしておきましょう。あまり荷物にもつおおくなってもたいへんですが、必要ひつよう最低限さいていげんのものは用意よういしましょう。ぶくろ(軍手ぐんて)、帽子ぼうしあせふきタオル、雨具あまぐ、おひる(軽食けいしょくなど)、もの(水筒すいとう)、むしよけスプレー、虫刺むしさされのくすり、ばんそうこうなどが必要ひつよう最低限さいていげんのものになります。

ほかにポイズンリムーバーや刺抜とげぬき、消毒液しょうどくえき、ガーゼなどもあるといのですが、こどものくに主催しゅさい観察会かんさつかいではスタッフが用意よういしています。

ものをさわったら、かならずあらおう

 直接ちょくせつものにさわったら、かならずあらうようにしましょう。また、自分じぶんらないもの直接ちょくせつさわらないようにしてください。

野外やがい危険きけんものについて

 自然しぜんゆたかな場所ばしょにはそのぶん様々さまざまものがいて、なかには人間にんげんにとって危険きけんがあるものもいます。そのようなものについてっておくことは、危険きけんをさけるためにも重要じゅうようです。「野外やがい危険きけんものについて」のページで紹介しょうかいしていますので、これらのものにはちかづいたりさわったりしないようにこころがけてください。


こどもの国のあそびかた

  • あそびガイド
  • マニア向けガイド
  • 乳幼児連れのお客様
  • 団体のお客様

目的で探す

目的でさがす

閉じる